風営法に基づいた優良風俗店の求人

「風営法はよくわからないけど、とりあえずちゃんとしたお店で働きたい」「家族や彼氏にバレたくない」という人も多いと思います。
そういう人は、優良な風俗店の求人が集まったサイトを参考にするのがおすすめです。
特にmikke(ミッケ)は求人情報が探しやすく豊富なので、あなたの条件に合った求人が見つかります。
お店探しで迷っている人はこちらも見てみてください!

風営法と聞いても、風俗店だけの法律ではないのでピンと来る方は少ないかもしれません。一般的に風営法を指すお店としては、ゲームセンターやパチンコ店、キャバクラ、クラブ等が認知されているのではないでしょうか?

因みに、風俗営業と見なされる物には以下の種類があります。

風俗営業の種類一覧

1号営業 キャバクラやクラブ等で、お客様が踊り更に接待とお客様が飲食をする営業に必要です。
2号営業 料理店やカフェにあるような設備を設置して、お客様の接待・遊興や飲食をする営業に必要です。※ダンスをする事はできません。
3号営業 1号に該当しないナイトクラブ等にて設備を設置して、お客様がダンスや飲食をする営業に必要です。※接待営業がある場合は1号に該当します。
4号営業 ダンスをする設備がありお客様がダンスをして楽しむ為の営業に必要です。※1号・3号の該当営業やお客様にダンスを教える為の営業において、お客様は教えられたダンスをする営業は該当しません。※飲食や接待をする事は出来ません。
5号営業 喫茶店やBARの様な場所で、お客様が飲食をする営業形態。国家公安委員会規則にて定められた、客席照明の照度が10ルクス以下での営業の場合必要です。※1号、2号、3号に該当する営業以外です。※接待やダンスは出来ません。
6号営業 喫茶店やBARの様な場所で、お客様が飲食をする営業形態。5号営業と違う点は、他の場所からの見通しが困難で、客席の広さが5㎡以下で営業をするもの。※ダンスや接待は出来ません。
7号営業 マージャン(雀荘)・パチンコ店にある設備を設置し、お客様に射幸心をそそる可能性がある遊びをさせる営業の場合必要です。※他にも、スマートボールや射的も該当します。
8号営業 スロットやゲームの機械等を設置している遊戯施設で、射幸心をそそる可能性がある遊戯に用いることができる機器を設置しているお店や、区画された施設内において、前述に該当する設備でお客様が遊戯する営業に必要です。※7号に該当する場合を除く。

ここの中で、ピンサロ(ピンクサロン)やセクキャバ(セクシーキャバクラ)等は接待+飲食の営業で経営しているので「2号営業」にあたるところがほとんどです。

余談ですが、7号営業にて射的やスマートボールの様な物もこれに該当する事は、一般的にはあまり知られていなかったりもします。

風俗店営業はどんな法律が該当する?

前述の、ピンサロやセクキャバに関しては2号営業で届けを出して営業しているところが多いのですが、デリバリーヘルス・ホテヘル(無店舗型・受付型)やソープランド・ハコヘル(店舗型)は、どんな法律で営業許可を得ているのでしょうか?

受付型・無店舗型の風俗店や店内でサービスを行う風俗店は、全て「性風俗関連特殊営業」という物に位置づけされています。風営法の2条5項が定義するもので、営業許可を得るためには各地域管轄の都道府県公安委員会への届け出が必要になります。

性風俗特殊営業の種類と特徴

ソープランドの場合、浴場業の施設で個室があり、その個室で異性に対して接触するサービスを提供する営業に該当します。

店内でサービスを行う風俗店の場合、店内の個室で異性の性的好奇心を満たす様な形で接触するサービスを提供する営業にあたります。

その他、ストリップ劇場や、アダルトグッズ販売店、出会い系喫茶等も店舗型としての届け出が必要になります。いずれも少年の健全育成に影響を与える事が著しいとみなされるものです。

無店舗型のデリバリーヘルス店やホテルヘルス店に関しては、個人宅(住居スペース)や宿泊施設(ラブホテル・ビジネスホテル等)で、異性の性的好奇心を満たす様な形で接触するサービスを提供するにあたり、提供するキャスト・女性をお客様から依頼を受けてデリバリーする営業に該当します。

性的な行為や場面が含まれる、映像配信サービス(動画サービス)も性風俗特殊営業に該当します。

本番行為は違法?

性風俗特殊営業において、本番行為は全て違法です。お金と引き換えに本番行為をする事は売春にあたるので、違法となります。

と、ここまでで疑問に思うのが「ソープランド」は本番ありなんじゃないのか?という点です。

デリヘルやハコヘル・ピンサロ・セクキャバ等においては、本番行為自体は禁止されている事で利用客も認識しているものです。しかし、ソープでは本番行為は当たり前という事も利用客は認識しています。

ソープランドの場合、働いている女性は個人事業主扱いなので、受付はあくまで個室の浴室料金を頂く形で女性のサービス料金は別という営業スタイルになります。ですから、女性は入浴サービスの補助的なものをサービス料金として頂いているので、本番行為に関しては自由恋愛という解釈になるのが実情です。

という理由から、売春という形での証拠も事実立証も成り立たないという事です。難しい部分でもあり、納得できる部分でもあります。ソープランドで求人募集へ応募した際に、本番はありますか?と質問しても、個人事業という形で契約するので、、、と暗黙の了解な感じで流されてしまうかもしれませんね。

届出済みの優良店は安心?

それでは本題に入りますが、届け出済みの優良風俗店の求人募集は全てが安心なのか?という点についてです。

現在、無店舗型や受付型のデリヘル・ホテヘル業種、特に無店舗型に関しては建物自体で許可が下りていれば、大体どこでも運営できる事から、どんどん増え続けています。もちろん届出済みの店舗前提でのお話です。

そんな中で、風俗店では在籍女性を架空の存在でホームページに表示している場合もあり、実際にそのお店が運営成り立っているのかを見極めるにはWEBサイトを見ただけでは判断が難しいです。

実在する店舗や、稼げそうなお店の判断基準

よくある掲示板サイトでも、風俗店の情報はやり取りされていたりします。また、クチコミや大手風俗広告媒体や求人募集広告等を見てみると、そのお店の質や運営状態が把握しやすいと思います。

やはり集客も上手く行っているお店は、広告にもお金をかけていますし在籍している女性の出勤状況も多い傾向にあるので、広告や掲示板の情報と、公式ホームページの情報を確認し自分に合っているお店か判断するのが良いです。

安心できるお店かという点に関しては、中で働いているスタッフの方次第なところもあるので、気になるようであれば面接前に電話で質問がてら軽くお話しをしてみたり、面接時の面接官の態度等を見て判断するしかないかもしれません。

ただ、サービス内容を偽っているお店に関しては、ご自身が納得いかないようであれば採用されても入店しない事をオススメします。トラブルに巻き込まれたりした場合でも、対応がずさんで自分が傷ついてしまう事になりかねません。最悪の場合、自分のご家族や身の回りの方へも迷惑をかけてしまう事もあるかもしれませんからね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ